ローテ勢





新着記事等


ポケモンとフリーソフトを中心に
更新していこうと思っています

ポケモンはローテしかやってません
育成記事もほとんどが
ローテ向けに作られたものです


厳選記事



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コメント-件を読む

ローテの強力な組み合わせとか構築について

ローテで強力な組み合わせには何があるか、それを知れば構築を考える上で大きな手助けになるでしょう。
ここでは、8つの強力な組み合わせ(または構築)を紹介しています。



もくじ

ガブスイクン
ラティテラキハッサム
クレセジバコ(クレセドラン)
霰スタン(ノオードラン)
キュウコンクレセ
ラティドラン(アスドラン)
雨パ
バンギスタン



ガブスイクン
ガブスイクン
追い風で実質3ターンの間、素早さを二倍にして上から叩ける環境を作ることで一貫性アップと先攻阻止ができる。
スイクンは追い風使いの中で一番耐久性能が高く、パルシェンに強いという長所がある。ガブリアスは攻撃性能が極めて高く、スイクンの弱点である電気を無効にするため、スイクンとの相性はすごくいい。

他の四匹は、追い風の恩恵を受ける高火力広範囲AT、トリル対策、ココドラ対策、カイリキーバレル対策など。
鋼枠として高確率でヒードランかジバコイルが入ってくる。ヒードランはドラゴンと鋼に強く、耐久系のポケモンを挑発で止められ、何より行動回数が多いのが特長。ジバコイルは高火力広範囲なので追い風の恩恵を受けやすい。他には先手で混乱を撒きやすくなるカイリキー、殻を破れずに襷が潰れても追い風から一貫を狙えるパルシェンも相性がいい。


ラティテラキハッサム
Latios_381g.gifTerrakion_639g.gifScizor_212g.gif
ガブスイクンとは違い、こちらは素の状態で上から叩くことを考えて作られた組み合わせ。火力はもちろん、攻撃範囲は広く、速攻型なので行動回数はそこそこ信用できるレベル。ローテーションバトルは「相手のポケモンをいかに削ってエースの一貫性を上げるか?」ということを考える場面が多く、ラティテラキハッサムはその考えを重視した削り特化型の並びである。

他の四匹は、雨パ対策、砂パ対策、追い風対策、ボルトルネに強いポケモン、ココドラ対策、その他Sギミック対策など。
行動回数がある程度あると言っても耐久自体は信用できないので、耐久性能が高いポケモンを入れたい。高い一貫性と鋼タイプをもったジバコイルや、Sギミックに強いクレセリアがオススメ。


クレセジバコ(クレセドラン)
クレセジバコ
クレセリアの凍風からジバコやその他ATを動きやすくする。高速ATが多い選出や対追い風では、凍風では劣勢になってしまう場合が多いけど、クレセリアなら持ち前の耐久やトリックルームで対処できる。ジバコイルは鋼タイプの中では一番攻撃性能が高く、凍風の恩恵を受けやすい。またジバコイルの弱点二つをクレセリアがカバーして、クレセリアの弱点をジバコイルが全て半減で受けられるので、タイプ相性面でも結構良い。この二匹だけでは攻撃面に不安があるので、三匹目も考えてこそ優秀な組み合わせだといえる。また、ジバコイルではなくヒードランでも似たようなことができる。

他の四匹は、砂対策、霰に強いポケモン、高速AT、ドラゴン、ココドラ対策、カイリキーバレル対策など。
クレセジバコの並びは高速格闘との相性がよく、例えばテラキオンならクレセリアの凍風を受けた無振りガブリアスをインファイトでほぼ確一。テラキオン以上の高速ATを凍風で下げることができれば一貫性が飛躍的に上昇するのは間違いない。格闘の弱点である飛行とエスパーに対してクレセジバコは強く、格闘のおかげでクレセジバコの薄い部分である対砂にも強くなれる。テラキオンがいない場合は、ほぼ同じ理由でガブリアスの採用率が高い。


霰スタン(ノオードラン)
霰パ
ユキノオーは対天候と対ココドラで大きな力を発揮し、氷と草の攻撃範囲も痒いところに手が届くので、高種族値構築の足りない部分を補うために使われる。そういった理由で採用されるので、霰スタンはユキノオーよりも他5匹のパワーを着目するべき。ユキノオー単体としては吹雪をタイプ一致の必中で撃てる点が評価できる。氷の礫という先制技を持っているのも良い。

他の五匹は基本的に高種族値ポケモンが採用され、対策面ではカイリキーバレルくらいか。
ユキノオーはヒードランとの相性が良く、格闘が共通弱点ではあるが、ヒードランの弱点をユキノオーが格闘以外の全てを半減で受けて対処できる。また、ユキノオー+ヒードランの組み合わせはドラゴンや電気に強く、例えばラティオスに対してC182ヒードランの竜の波動+A144ユキノオーの氷の礫で確定で倒せたり、ユキノオーの霰でジバコイルの頑丈を削ることで、ヒードランが安全にジバコイルを処理できるようになる。他にはドラゴン・電気・格闘の採用率が高く、つまり他のスタンと何も変わらない。


キュウコンクレセ
Ninetales_Cresselia_baniitehosikunai.png
キュウコンが日照りで晴れ状態にすることで、月の光の回復量を2/3(66%)にして、クレセリアの瞑想を積みやすくする。キュウコンは天候ポケモンの中で最速なので天候合戦ではかなり不利だが、その他では速いことは十分な利点となる。素早さ種族値100からの鬼火・催眠術・金縛りができるのは強く、晴れを利用したソーラービームで水タイプにダメージを与えられたり、めざ地で晴れパの難関であるヒードランも見れ、クレセリアの苦手なバンギラスにダメージを与えることができる。炎タイプなので、クレセリアの苦手なハッサムやナットレイに対して十分な牽制となる。

他の四匹は、晴れの恩恵を受けるAT、砂対策、雨対策、ココドラ対策、鋼枠、カイリキーに強いポケモンなど。
晴れATとして真っ先に上がるのが加速バシャーモ。葉緑素ではなく加速による素早さ上昇なので、天候への依存度が少ないのがポイント。鋼タイプで雨と砂両方に強いナットレイの採用率も高く、相手のクレセリアに対して強い点もかなり良い。


ラティドラン(アスドラン)
ラティドラン
ドラゴン+鋼の代表的コンビ。ラティオスとヒードランの両方に等倍以上取れるタイプは岩しかなく、ラティドランはドラゴン+炎でヒードラン以外に等倍以上を狙える。つまりタイプ相性の補完がすごく良いので、最終的に不利な局面になっても、ラティドランで択ゲーを作ることもできる。しかし、ヒードランへの負荷量が多く、ヒードランが削れると途端に一貫性が上がるので、ラティドランを並べた時は注意したい。
実際にはラティドランという並びは特別強いわけではなく、ただ構築にこの二匹が入るケースが多いだけ(それでもラティドランという選出はそこそこする)。ラティオスをドラゴンAT枠に入れる場合、スカーフガブリアスとハッサムが重たくなりがちで、ドラゴンも鋼も虫も半減する鋼枠は、ガブリアスとハッサムに強いヒードランが採用されやすい、というのがラティドランへ行き着く理由だと個人的に解釈している。

他の四匹は、砂対策、雨に強いポケモン、ココドラ対策、クレセリアに打点があるポケモンなど。
ラティドランは特色が薄いので、他にどういったポケモンが採用されるかというのはあまりない。岩の一貫性を下げるためにガブリアスや格闘ポケモンが採用されるくらいで、他はわりと自由。むしろラティドランは他の組み合わせに組み込まれる側であり、例えばガブスイクンやクレセドランなどに組み込まれる。


雨パ
雨パ
シングルやダブルの雨パは、ニョロトノが雨を降らせてキングドラの性能を上げるというものだが、ローテでは違う。ローテは天候変化が容易なので、天候への依存度が大きいポケモンは基本的に使いづらい。その上ローテではSギミックのほとんどが強く、電気タイプが人気で総じてメガネ&雷持ちなので、耐久が低いキングドラは不利な状況が多い。ローテの雨パは雷を撃つことの方がメインであったりする。
電気枠で一番多いのは圧倒的にジバコイルで、その次にライコウが多い。

他の四匹は、霰スタン対策、草ポケモン対策、電気ポケモン対策、ココドラ対策、カイリキーバレル対策など。
安定して雨乞いができて、追い風から雷の一貫性を高めることができるトルネロスの採用率が高い。電気・草・ココドラの対策ができて、ラムの実を持てばカイリキーバレルの対策もできるモロバレルも人気。ジバコイルを採用しない場合はモロバレルと大体同じことができて鋼がついてるナットレイが採用されることが多い。電気の一貫性を消すためにガブリアスも採用されやすく、地面無効に加えてすいすいATとして採用できるガマゲロゲに静かなブームが来ている(来ていた)。


バンギスタン
砂パ
砂パではなく、バンギスタン。雨パのキングドラとほぼ同じ理由でドリュウズは使いづらく、ガブリアスの人気がすごく高いので高速地面ATというだけではガブリアスとの差別点が薄く、かなり肩身が狭い。ランドロスも同様。
岩・悪はローテでは希少なタイプなので、岩と悪で見れる範囲をバンギラスに任せて他のメンツを決める形となる。バンギラスは攻撃力が高く、岩・悪の高い一貫性をタイプ一致で撃てるが、素早さが遅いので削り役として運用される場合が多い。加えて悪タイプは高耐久で対処に時間がかかるクレセリアとサマヨールに対してバツグンなので、こだわりハチマキを持つことが多い。

他の五匹は、雨対策、格闘ポケモン対策、ココドラ対策、カイリキーバレル対策、ガブリアス対策など。
バンギラスの相方として採用されやすいのはガブリアスとカイリキーで、ガブリアスは砂隠れで回避率がアップして、カイリキーはバンギラスの苦手な鋼やガブリアスに対して強く、特に相手ガブリアスの砂隠れを無効化してくれるのが心強い。また、カイリキーもバンギラスの存在が大事で、カイリキーの苦手なエスパーと飛行とゴーストはバンギラスが半減で受けて処理できる。他には格闘に強いブルンゲルやラティオス、砂を有効活用できるココドラも採用される。


参考記事
ローテパーティサンプル一覧(とーますさんのブログ)

コメント0件を読む

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ローテの強力な組み合わせとか構築について】

ローテで強力な組み合わせには何があるか、それを知れば構築を考える上で大きな手助けになるでしょう。ここでは、8つの強力な組み合わせ(または構築)を紹介しています。もくじガブスイクンラティテラキハッサムクレセジバコ(クレセドラン)霰スタン(ノオードラン)キ...

コメント

非公開コメント

Calendar





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。